Graffiti

「TOKIO」山口達也が、無免許運転で検挙されていたことがニュースになっています。「更新を忘れていた」と説明したそうです。

TOKIO:山口達也さん無免許運転 「更新忘れていた」という記事になっています。

品川署などによると、山口さんは仕事が休みだった28日正午ごろ、東京都品川区東品川2の都道で自家用車を運転中、車線変更禁止区域で車線を変更したとして署員に停止を求められた。この際、免許が今年2月に失効していたことが判明したという。

今年の2月ということで、半年ほど免許を失効していたことになります。書類が送付されてくるのですが、確認していなかった、ということなのでしょうかね。

山口達也が謝罪会見を行ない、山口達也「自覚がなかった」/一問一答という記事になっています。

「書き換えは必ず行わなければならず、免許を持っていない者は運転してはいけない。かなり驚いたんですけど、自分の過失でした」

お知らせのハガキについては「届いていたら行ったと思うが、自分の自覚がなかったということ」と話しています。

「プライベートでも仕事でも乗ることはありました。(気付かなかったのは)自分の過失です。当然やらなきゃいけないことを自分がやっていなかったのは、あり得ないな、という思い。16歳の時から(バイク)の免許を所有し、20年以上運転させていただいている。交通違反はしたことはあり、今回もゴールド免許ではありません」

「TOKIO」のメンバーに対しては「これまで一緒に戦ってきたメンバーに本当に申し訳ない気持ち」とコメントしています。

山口達也は自動車関連のテレビCMに出演しているのですが、そちらは、TOKIO山口無免許問題でCM一時停止となっています。

富士重工業は山口出演CMを、他車種のCMに切り替える。また販促物を店頭から撤去するよう各ディーラーに指示し、HP上からも削除した。

ヤマト運輸は「広告活動の自粛」とし、テレビCMの放送を自粛しているそうです。

両社とも今後は「未定」また自粛に際しての損害賠償についても「未定」としています。

■関連記事

「TOKIO」山口 大きな代償…CMなど自粛

山口は免許証の有効期限が今年2月に切れていたことに気づかず、半年以上も無免許状態で車を運転していた。会見では「許していただけるなら(番組やCMを)続けたい。関係者の指示に従います」と話したが、その代償は大きかった。

TOKIO山口が無免許運転「自分の過失」

会見後、リポーター陣から「もういいですから」と言われても約3分間、頭を下げ続けた。謝罪が受け入れられれば、これまで通り仕事を続けていきたいという希望を、言葉と姿勢で示した。

TOKIO山口達也が無免許不祥事でもテレビ出演自粛とはならなかったワケ - リアルライブ

黒い交際疑惑で島田紳助が突然引退してしまい、番組の差し替えや撮り直し、編集し直しでてんやわんやだったところに発覚した山口の不祥事、テレビ制作関係者に言わせると「吉本興業への対応で忙しいときにジャニーズまで対応していられない」といったところが本音のようだ。