thank you for the music !

お笑い芸人のふかわりょうが、昨今の韓流報道について自身のラジオ番組「ROCKETMAN SHOW!!」で苦言を呈したようです。

ふかわりょうが韓流報道について「テレビは完全に終わった」という記事になっています。「ある局」とした上で、次のように語ったそうです。

「公共の電波を用いて私腹を肥やすようなことは違反だと思うんですね。例えば自分の曲を毎回フルコーラスでかけてますが、それとどう違うのかと。それは単純に量の問題だと思うんですよ。日本はそういったブレーキを掛ける機関が働いていないんです。やっぱりテレビは時代を映す物ではないなと思った。完全に終わったなと思いました」

明らかにフジテレビに対する批判を展開したのですが、テレビから消えてしまわないか心配です。もちろん、その覚悟があった上での発言だったのでしょうが。

なお、ラジオ番組はこちらで聞くことができます。

「テレビは時代を映すものではなくなった。完全に終わったと思った。情報が錯綜する中で誰の価値観で世の中をみるかを選ばなくてはいけない。テレビを通して世界をみていたら、自分が痛い目にあう時代になった。役目が変わった」

「こんなことをツイッターで書いたら、即すっ飛ぶかもしれませんけど(笑)」とふかわりょう。

番組の中では、経営している店を紹介する際にお金を払ってブロガーに頼むのはどうか、といった話もされています。聞き役の男性の反応が興味深いです。「ブロガーにお金を払って書いてもらう」は問題ない、と。

高岡蒼甫以降、韓流ブームについて語る芸能人が増えていくのでしょうか。

■関連記事

高岡蒼甫、ツイートが原因で所属事務所を退社
ミラクルひかる「韓流をパロってお台場合衆国出入り禁止になった」ツイートについて否定