海老蔵さん、損失ナント5億円!? CM放映中止、損賠請求もという記事より。

関係者がもっとも懸念しているのは今回の事件によって受ける経済的損失だ。海老蔵はすでに、30日から初日を迎える京都・南座の歌舞伎公演「吉例顔見世興行」の休演を発表している。

市川海老蔵が巻き込まれた暴行事件から「歌舞伎界全体が受ける損害額は5億円に上る」という声が出ているようです。

特に深刻なダメージを負っていたのは顔の左側。左目にあざができ、あごには打撲痕。さらに、ほおは陥没骨折しており、「かなり大規模な整復手術が必要。全治2カ月はかかる」(病院関係者)見通しだという。

京都・南座の歌舞伎公演「吉例顔見世興行」は休演し、2011年1月の座頭公演にも間に合うか、という状態のようです。

今回の件をきっかけにスキャンダルが飛び出せば、さらにCM出演企業から「数千万円単位で賠償を求められる可能性もあります」と指摘する専門家も。

海老蔵を殴った相手は六本木で有名人…関係者「やましいことが…」という記事では、

「相手が人気俳優とわかっている場合、普通なら顔ではなくボディーを狙うはず。なのに、顔をボコボコにしているということは、海老蔵と知らなかったのか、相当怒らせることをやったのに違いない」(六本木のクラブ従業員)

という証言が紹介されています。いろいろ見ていると、被害者である市川海老蔵に対する同情の声が少ない気がするのは気のせいでしょうか。

帰宅した市川海老蔵を見て、119番通報ではなく110番通報した妻の小林麻央については「キャスターとしては常識的な反応だと思うが、本来なら水面下で解決したい不祥事が露呈し、夫のイメージを失墜させてしまった」という指摘も。

「介抱していたところ殴られた」と市川海老蔵は証言していたのですが、これについては海老蔵流“介抱”を“因縁”と勘違いされた?という記事に詳しくありました。

目撃した人の話によれば、飲みつぶれて倒れていた男性に海老蔵が「男だったら倒れてんじゃねえよ!」などと言い、髪の毛を引っ張ったり小突くなどした。それを見た男性の仲間たちが激怒し、顔面を殴ったという。

あくまでも「目撃した人の話」ということですが、これが事実だとすると“介抱”ではないような‥‥。

ネタフルでは市川海老蔵「暴走族を名乗る男に殴られた」 → 知人「いつかこうなると思っていた」という記事も書いています。