2010-09-15_1719.png

鬼束ちひろ知人に顔殴られ1カ月の重傷ということで、鬼束ちひろが知人男性から暴行を受け、顔に全治1ヶ月にも及ぶ重傷を負っていたことが明らかになっています。

警視庁渋谷署によると、鬼束は先月18日午前6時ごろ、東京・渋谷区内の自宅で知人男性から暴行を受けた。鬼束が自宅マンションの管理人にけがを訴え、マンションの管理人が110番通報した。鬼束は同日、被害届を提出した。

この知人男性は行方不明となり、警察が逮捕状を取って行方を追っているということです。

しかし、人気絶頂だった04年5月に、当時所属していた事務所と契約を解消。事務所とレコード会社を移籍し、心機一転のスタートを切る予定だったが、同年10月に精神的な疲れがピークに達し、活動休止を発表した。「自分のペースでの創作と、アーティスト活動、世の中のペースが一致しない」と表舞台から姿を消した。

2007年3月に復活するも、2008年9月には再び休養に入っていました。最近ではベストアルバムが発売されるなどしていましたが、2010年6月にレコード会社との契約は終了していたということです。

それにしても、顔に一ヶ月もの重傷とは‥‥いったい何があったのでしょうか。

所属事務所によれば「ご心配をおかけしておりますが、負傷に関してはほぼ治癒している」ということです。

"ONE OF PILLARS" ~BEST OF CHIHIRO ONITSUKA 2000-2010~

B0039M4296

■関連記事

鬼束ちひろ、暴行被害全治1か月

鬼束の所属事務所は13日夜、公式サイトで「捜査段階にあり、本件に関するコメントは控えさせていただきます。報道にございました負傷に関しましては、ほぼ治癒しており、鬼束ちひろは元気に音楽活動に励んでおります」などとコメントしている。