玉置浩二、客に暴言連発!またライブ打ち切り!メンバーも“ボイコット”!!という記事より。

玉置浩二(51)がボーカルを務める5人組バンド「安全地帯」が12日、福岡サンパレスで行ったコンサートが、玉置の“暴挙”により途中で中止となるハプニングがあった。

玉置浩二「俺のことが嫌いだったら帰って」体調不良でライブ打ち切りもファン激怒という記事を書いたのですが、大阪に続き、福岡のライブでも奇行に走ってしまったようです。

観客の話として、

・玉置浩二は出だしからろれつが回らない
・ひどいパフォーマンスにヤジと歓声が入り交じる
・観客と口論に「舞台に上がれ」
・ステージを降り制止するスタッフを突き飛ばす

といったことがあったことが紹介されています。

挙げ句「コンサートなんてたいしたことない」「(チケット代)7800円くらいで怒るな!」といった暴言を吐いたのだとか。

出だしからろれつが回らないというのは、酔っぱらっていたのか、それとも何か強い薬でも飲んでいたのでしょうかね。あまりの酷さに、メンバーもボイコット状態に。

はちゃめちゃなステージに、会場を出る観客が続出。ステージは2時間に及んだが、主催者側は事態を重く見て、チケット代金の払い戻しを決定。指定席7800円で約2300席が完売だった。

それでも2時間やったというのがすごいですね。しかし、チケットは払い戻しだそうです。

物静かなイメージがあったのですが、完全にはちゃめちゃな人というイメージに変わりました。「TV Bros」で青田典子との裸ベッドインを公開したり、その内、バンドメンバーからも愛想を尽かされないか心配です。

今日13日には熊本でライブが予定されているということなのですが、果たして?

■関連記事

玉置奇行で大阪に続き福岡も途中打ち切り

福岡サンパレスホテル&ホールで12日夜に行われた安全地帯のコンサートが、途中で打ち切られ、公演チケットが払い戻しされることが分かった。同バンドは7年ぶりの全国ツアー中だが、7日の大阪公演でもボーカル玉置浩二(52)が4曲を残して途中で切り上げる事態があったばかり。ステージで寝転んだり、メロディーを無視して叫ぶなど、スタートから奇行が目立ったというが、所属レコード会社は玉置の体調不良を理由にしていた。