根津甚八が俳優引退、演出や脚本家にという記事より。

俳優の根津甚八(62)が、俳優としての活動を引退したと、所属事務所が6日明らかにした。根津は今後、演出家や脚本家として活動するという。

俳優の根津甚八が、俳優としての活動を引退したことを、所属事務所が明らかにしました。

いったいどうしたことかと思ったら‥‥

事務所によると、根津は2001年ごろ目の病気を発症。復帰を目指して治療を続けていたが後遺症に悩まされ、万全の状態で仕事をするのが困難となり、引退を決意したという。

ということがあったそうです。

今後は、演出家、脚本家として活動をしていくとしています。

根津甚八が俳優業に終止符 妻がテレビで告白によれば、妻の仁香さんが「スーパーモーニング」で「根津甚八はもう表舞台には戻らない」と告白したのですね。

病気については、次のように。

根津は平成12年に「右目下直筋肥大」を発症。原因不明の「顔面の奇病」といわれ、発声のリハビリを兼ね通院治療をしていたが、2年後に東京・目黒区内で人身事故を起こし活動を停止。昨年、週刊誌でうつ病を患っていることが明らかにされた。

なお、仁香さんの著書「根津甚八と生きて~うつとの闘いと青春の日々」が9月29日に発売されるということで、これに合わせた発表なのでしょうね。