DAIGOの新語は「クライム」という記事より。

「クライム」に報道陣は「…」。シーンとした中、DAIGOは「DAIGO語録としてあたためていた言葉。クライムは(英語で)『登る』という意味でテンションを上げたいとき、語尾に付けて使う。じいちゃん(故竹下登元首相)の名前も登(のぼる)なんで縁起がいいんです」と説明。

「クライム」と聞いて「crime」が思い浮かんじゃったんですけど「climb」の方なんですね。それにしても、竹下登元首相まで引き合いに出てくるとは、さすがです。

一部で報じられた貫地谷しほりとの熱愛も「ガチないクライムですね。ビックリクライム。おじいちゃんに誓って158%ない」と早速、新語を連発した。

「テンションを上げたいとき」に使うということなのですが、どういう意味なのか、これ。クライムしすぎて未踏の地へ行ってしまってクライム。

■関連記事

32歳DAIGOが新語披露「クライム」

DAIGOは「ミソツー(32)になりました。男は30を超えてから。守ることなくアバンギャルドに攻め続けクライム」と新語「クライム」を披露。

DAIGO、新ギャグ「クラ~イム」初披露

同展の応援サポーターに任命されたDAIGOは「絵が好きなので誰よりもシャガラーとしてシャガっちゃおうかな」とノリノリ。