今は書家…あの探偵!ナイト越前屋が町おこしという記事より。

俵さんはかつて越前屋俵太(えちぜんや・ひょうた)として深夜の人気テレビ番組「探偵!ナイトスクープ」などで活躍。現在は関西大の客員教授などを務め、書家としても知られる。

京都府城陽市の町おこしのニュースなのですが、そのプロジェクトリーダーの書家・俵越山氏が、元タレントの越前屋俵太なのだそうです。

越前屋俵太というと、深夜番組などのレポーターとしてテレビで見ていたのですが、いつの間にか書家に転身していたのですね。

高校まで城陽市で過ごしたことから、「何か故郷に恩返しできないか」と考えていたという。今年1月、橋本昭男市長と懇談した際、地域活性化への考え方で意気投合し、協力することになった。

プロジェクトではとりあえず勉強会を開催するということです。

越前屋俵太 - Wikipediaによると「次第に自分が目指す方向とタレント活動にずれを感じるようになり、2003年から芸能活動を休止」していたようです。

その後、書家としての活動を行っているということです。