沢尻エリカ、契約解除へ 重大違反が発覚という記事より。

女優の沢尻エリカ(23)が、所属事務所のスターダストプロモーションと契約解除に向け話し合っていることが25日、分かった。沢尻は今年1月にプロデューサー・高城剛氏(45)と結婚後、スペインなど海外で生活。近く映画で仕事復帰する予定だったが、重大な契約違反があったとみられる。

なんと、沢尻エリカが所属事務所のスターダストプロモーションと、契約解除に向けた話し合いを行なっていることが明らかになりました。

「重大な契約違反があったとみられる」とされていますが、高城剛と結婚後はほとんど仕事らしい仕事をせずに海外で生活してきたようにも見えますから、事務所としても持て余していたのでしょうか。

近く発表予定の大作映画への出演も決まるなど契約期間はまだ残されていたが、重大な違反が発覚したため、同事務所は契約満了を待たずに打ち切る方針でいる。

スターダスト関係者は「ノーコメントです」としています。

突然の契約解除というと押尾学のケースを思い出すのですが「薬物使用の疑惑が浮上した可能性がある」とも伝えられています。

2人が欧州滞在中に使用していたという情報もあり、ドラッグパーティーで世界的に有名なスペインのイビサ島も頻繁に訪れていた。また奄美大島では、保釈中の高相祐一(41)、酒井法子(38)両被告と同じイベントに参加していたという情報もある。

他にも、

・奄美大島で無許可の電動自転車に乗って事情聴取
・事務所を通さずにファッションブランドと契約

といったトラブルもありました。

エリカ様解雇へ、理由は「重大な契約違反」という記事によれば、警視庁の捜査幹部は「(沢尻の)捜査はしていない」と明言しているということですが。

70円で飛行機に乗る方法 マイルを使わずとも超格安で旅行はできる (宝島社新書) (新書)

4796663614

ハニカムの「iPhoneについて」 (SOFTBANK MOOK) (ムック)

4797348224

■関連記事

エリカ様“クビ!”「フル電動自転車」がアダ

沢尻と高城氏は都内のマンションに滞在中。高城氏は弁護士を立てて事務所側と話し合いを続けているが、亀裂は決定的で契約解除は避けられない見通し。独立を選ぶ可能性が高く、今後の芸能活動は高城氏が全面的に支援していくことになる。今月上旬、高城氏はブログに「大きな変化の秋がやってくる」などと書き込んでいる。

エリカ復帰遠のく所属事務所から契約解除

来年公開のSF大作映画「宇宙戦艦ヤマト」のヒロイン森雪役に内定し、10月中旬にも撮影に入る予定だったが、事務所側が突然、出演辞退を申し出た。沢尻の度重なるトラブルや問題行動が契約違反と判断されたとみられ、事務所側が決断した形だ。

エリカ様の姿もなく…事務所解雇は不可避

午前中から報道陣が集まり始めたが、インターホンに応答はなく、沢尻やリラさんの姿もなし。同じマンションの住民も「きょうは見かけてないです」と話していた。

沢尻家、騒音苦情?深夜謎の重低音…事務所解雇発表は週明けか

また、同マンションでは今月中旬から数回、母親の部屋のある階の一室から深夜に重低音の騒音や騒ぎ声が漏れ、近隣から苦情が出る騒ぎとなっていたことが分かった。沢尻家との関連は不明だが、入り口の掲示板には管理会社の「改善されない場合は契約を解除させていただく」という文書が張り出されていた。

薬物疑惑? 沢尻エリカ“重大な契約違反”解雇劇のウラ

「奄美での沢尻の取材は高城氏が仕切っていた。沢尻の番組露出に関して高城氏が直接口を出してくることも。沢尻のカバンに高城氏がDJを務めるクラブイベントのステッカーを張って宣伝していた」(芸能記者)