コロッケ36年間右耳ほぼ聞こえてなかったという記事より。

コロッケ(49)が真珠腫性中耳炎のため13歳の時から36年間、右耳がほとんど聞こえていないことが29日、分かった。この日、コロッケの東京・明治座初登場となる座長公演「仙台四郎物語 福の神になった男」「ものまねコロッケオンステージ」(9月4~27日)の会見後に明かした。

物まねタレントのコロッケが、中学生の頃から真珠腫性中耳炎と診断され、ずっと難聴であったことを告白したそうです。

もともと小学生の時に泳ぎ過ぎのが原因で中耳炎になり、それを放置していたことで悪化させてしまったようです。

中耳炎を繰り返すうちに一部の組織が真珠のように増殖し耳の周りの骨を破壊する病気で、難聴だけでなく、バランス感覚にも影響がある。手術で患部は除去したが、難聴は治らなかったという。

「聞こえないと分かった時はつらかったけれど、これでやってきたので不自由さはない」とコロッケ。

うちのCHONANも中耳炎になりやすいので、これは改めて気をつけてあげないと、と思いました。

なぜ難聴を告白したかというと、来年で芸能生活30周年を迎えるからだそうです。

25th anniversary コロッケ on ステージ [DVD]

B000B63GUE

■関連記事

コロッケ難聴告白「不自由は感じていません…」

「不自由は感じていません。人間って、右耳がダメなら、左耳で補おうとする。ボクは目で聴き、耳で見ることを大事にしているし、何があってもあきらめてはいけない」