2009-06-23_1434.png

ブログで「私が今いるのは、真っ暗闇」などと不安定な心情を吐露していた来栖あつこポリスですが、現在は徐々に気持ちが前向きになってきたようです。

「この2年4ヶ月、私が守ってきた宝物の中身が、空っぽだったと知った日」などとして、食事ができないとからどうも失恋したっぽい来栖あつこポリスでした。

私が選んできたことは、間違いだったと気付いた。助言してくれる友人達の言葉に耳を傾けることなく、反論し、その結果・・・・傷ついて毎回戻っていた場所はその友人達のところ。

この書き方からすると、どうも相手の男性はあまりよろしくないタイプのようなそのようなそうでないような。

「誰かの本質を変えるだなんて、そんなこと不可能だった」などと書きつつ、かなり大変な状況が伺えたのですが、最新のエントリーでは、

何も見えなかった真っ暗闇には、幾つもの光が差し、そこには手を差し伸べてくれる人達がいた。

というように、状況が変わってきたようです。まだまだ元気にはなっていないようですが、気持ちが前向きになってきたのは良いことです。

ちなみに、なんでこんなことになったかというと、どうも来栖あつこポリスが「女性自身」に語ったところによると、

年下俳優との交際、破局、自殺未遂、数百万円の貸金などを告白

ということのようなのですね。「やめておきなよ、あんな男」と周囲に言われつつも「私は信じてる」みたいな状況になっていたのが想像に難くありません。

「テニスの王子様」で活躍した男性、とだけ書かれていますが、そんなのはすぐに誰だか分かってしまうのでしょう。

一方的な言い分を聞いて判断するのは良くないですが、少なくとも借りたお金は返さないといけないですね。

しかし、来栖あつこ、自殺未遂告白...交際相手が原因という記事によれば、

同棲していたが、ケンカの最中にAから「悪魔が見える」などと言われ、精神的に参った来栖が睡眠薬で自殺未遂したことも。

とか、金の返済を求めても「金は用意できない」と返済しないとか、かなりひどい状態のようですね。既に、お金の返還を求めた内容証明が送られているそうです。

「時にはパンチ! 時にはキック!」で、来栖あつこポリスにはまた頑張って欲しいと思います。

■関連記事

失恋だったの? 来栖あつこポジティブにブログ更新

冒頭で〈心配してくださった皆様に心よりお詫び申し上げます〉と謝罪し、〈何も見えなかった真っ暗闇には、幾つもの光が差し、そこには手を差し伸べてくれる人達がいた。皆様からのお言葉と、友人・家族・(愛猫の)モモとネネのお陰で、少しずつ、その光の方向へ歩き出そうとしているのが、現状です〉としている。