加護との浮気の代償…元妻に“高額授業料”という記事より。

タレント加護亜依(21)との熱愛報道がきっかけで俳優の水元秀二郎(33)が1月に離婚した件で、元妻(25)が水元に慰謝料などを求めて熊本家裁に申し立てていた調停が24日までに和解した。

加護亜依との浮気が原因で離婚した俳優の水元秀二郎が、元妻との調停を行い和解しています。

加護亜依、不倫で交際相手の元妻から訴えられる
水元秀二郎、加護亜依との不倫を否定せず

元々は慰謝料500万円だったのですが(5,000万円とも報じられていますね)、毎月子供3人の養育費として30万円を支払うことで和解したそうです。

毎月30万円!

さすが俳優の養育費はビッグですね‥‥というか、これまで、そういうレベルの生活をしていたということなのでしょうかね。

ちょっと気になって調べてみたところ「養育費算定表」というものがありました。

お子さんが何歳か分かりませんが「養育費・子3人(第1子、第2子及び第3子0~14歳)」というケースで見ると‥‥

2009-05-26_1024.png

仮に権利者(元妻)の給与が0円だとして、義務者(元夫)が自営で年収710万円の場合で、18〜20万円の養育費となるようです。

つまり、水元秀二郎の場合は年収1,000〜1,500万円くらいなのでしょうね。って、どうでもいいですが。

仮に給与所得が1,000万円の人が、子供3人いる状態で離婚すると、年間に240万円の養育費がかかる、というのがざっくりとした計算になります。

なお、1,000万円の慰謝料を請求されている加護亜依は、引き続き調停中だそうです。

LIVE―未成年白書 (単行本)

4778803388