水元「ご迷惑を...」加護との不倫否定せずという記事より。

映画「弁天通りの人々」(市川徹監督)の初日舞台あいさつが16日、都内で行われ、主演俳優の水元秀二郎(33)、哀川翔(47)が登場した。

「弁天通りの人々」で夫婦役を演じた水元秀二郎と加護亜依の不倫が報じられたのですが、そのことについて水元秀二郎は「お騒がせしまして、相手の方にもご迷惑をおかけしました」と語ったそうです。

「あることないこと誇張されている」と苦笑しつつも、不倫に関しては否定しなかったということです。

水元秀二郎は既に離婚しており、元妻から慰謝料を請求されると報じられていました。

そのことに関しては、

水元は元妻から慰謝料など5000万円の支払いを求められていたが、「裁判?僕は終わっています」と和解を強調。

としています。「僕は」ということで、加護亜依は引き続き裁判中で、舞台挨拶は欠席しています。

■関連記事

加護の"元カレ"慰謝料話し合い「終わった」

水元は「僕の分は終わりました。相手にも申し訳なく思います」と話した。具体的な金額は明かさなかった。加護への申し立てについては「分かりません」とした。