浮気告白やNHK出演…宇多田ヒカルPR必死なワケという記事にもなっていますけど、アメリカでアルバムを発売する宇多田ヒカルが、精力的にPRをこなしています。

21歳のころの最初の全米挑戦には「メインストリームじゃない作品を作ったので、思ったような売れ方じゃなかった」と反省の弁も。両親は日本人だが、ニューヨーク州出身であることから、「自分の国なので、日本もアメリカも。自分の中のアメリカ人のアイデンティティを探っている」と、全米でのリベンジを誓った。

NHKニュース「おはよう日本」で独占インタビューが流れるというサプライズの他、FMラジオに出演した際には、自らの浮気経験まで披露するというサービスっぷり。

前作で失敗しているので、今回にかけているという思いが強いのでしょうね。

さらに宇多田ヒカルの元夫で映画監督の紀里谷和明氏も、自身の監督作品である「GOEMON」のPRを精力的に行っているようです。

紀里谷監督、元妻の“浮気発言”触れず

この日、41歳の誕生日を迎えた紀里谷氏は黒いジャケットに終始笑顔で映画「GOEMON」(5月1日公開)の制作秘話を語ったが、“浮気発言”には触れず。帰り際も報道陣からの質問に無言を貫き、関係者とタクシーで会場を後にした。

こちらもFMラジオの番組出演だったそうです。

さらにちょっと驚いたのは昨夜、深夜番組のドッキリ企画に紀里谷監督が出演していたのですね。

「GOEMON」を観ていないのに観たことになっているというオードリー春日らと対談する、というものだったのですが、ちょっと意外な感じがしました。

線―sen― (単行本)

4930774233

点―ten― (単行本)

4930774225

■関連記事

Utada浮気告白!「もうしません…」ラジオ生放送300人前に公開懺悔

米国では先月下旬にニューヨークでイベントを行った際、約3000人が殺到して大騒ぎになったが「アメリカの人は肉食獣みたいに激しい。控えめでかわいいのが日本人の文化ですね」