「腹筋ばかりやってた」寛平のヨット、ロスに到達という記事より。

マラソンとヨットで世界一周する「アースマラソン」挑戦のため、1月にヨットで日本を出発したお笑いタレント間寛平(59)が10日(日本時間11日)、太平洋横断の航海を終え、米ロサンゼルス・ロングビーチ港に到着した。

その過酷っぷりはブログでも拝見していたのですが、無事にヨットでの太平洋横断を追えた寛平ちゃんです。

「なぎの時に船が動かないのが大変だった。(退屈で)腹筋ばかりやっていた」と1万2710キロの旅を振り返り、「これからニューヨークまで走るから応援に来て」とギャグを交えてファンへのメッセージを語った。

でも、泣いてましたよね。知ってます。

到着したのもつかの間、もうニューヨークに向けて走りはじめたそうです。「疲れは取れていないが大丈夫。100日ぐらいで(北米大陸を)完走したい

ネタフルでは次のようなエントリーを書いています。

間寛平、世界一周「アースマラソン」に挑戦
「間寛平アースマラソン」ブログでその過酷さを知る
間寛平アースマラソン、日付変更線を超える!

まさに到着の様子の動画です。

男泣きだ。なんか‥‥感動する‥‥これ‥‥。

この後、焼肉食べてビールを飲みまくったそうです。

「結局、人なんです」←ぼくも一人でアメリカをバスで横断したときに、しみじみ思いました。

カメラ回している人の声が土屋さんぽいと思ったら、やっぱりそうみたい!?

そして、ナイスタイミングでニューバランスの方から連絡を頂きました。間寛平が使用しているシューズはニューバランスだそうで、ニューバランスの方と日本テレビ・土屋さんとの特別対談のサイトが公開されたそうです。

KANPEI EARTH Marathon SPECIAL 間 寛平、ニューバランスMR966で地球を叩く。|NB RUNNING CLUB

2009-03-16_1626.png

これはやっぱり感動的だったな。見たときに。そういう意味では本当に。打ち合わせで寛平さんと一緒に伺って、寛平さんが何を言い出すんだろうと思ったら、「パンクなのがいい」って。

パンクなシューズの開発秘話ってことですね。

アースマラソン応援バナー

■関連記事

寛平がロス上陸、愛妻抱き寄せ号泣

初代マネジャーで、大学時代にヨット部だったパートナー比企啓之さんと2人きりの船内で、けんかもたくさんした。比企さんは「寛平さんが2回くらいストライキを起こしました。『精神的にもおかしくなっているから、もうやめさせてもらう。ロスに着いたら発表するわ』と」と、笑いながら明かした。到着前日にも海上で4時間話し合い「頑張りましょう」と誓い合った。

間寛平が北米に到達!世界一周へ太平洋横断

間は昨年12月17日に大阪を陸路で出発し、今年元日に千葉県鴨川市を出港。今後はマラソンで北米大陸を横断した後、大西洋、欧州、アジアを経て、日本をスタートしてから2年以上かけて大阪に戻る。

間寛平、北米に到達…世界一周へ太平洋横断

船上で何度も手を振りながら入港した間は、妻の光代さんやファンら50人以上の出迎えを受けて上陸。

間寛平LA到着…68日で太平洋横断、次はNYへマラソン

現地では妻・光代さん(51)の出迎えを受けると、手を握り合って号泣。航行中は何度もヨットの激しい揺れに見舞われたが、寛平は「着かないとは全く思わなかった」と気丈に振る舞った。