つか氏長女が宝塚雪組の次期娘役トップにという記事より。

宝塚歌劇団は12日、雪組の次期娘役トップに愛原実花(あいはら・みか)を起用すると発表した。5月に退団する現トップ娘役、白羽ゆりの後任として7月31日、兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で開幕する「ロシアン・ブルー」からトップスター水夏希と正式にコンビを組む。

蛙の子は蛙と言いますか、直木賞作家で演出家のつかこうへい氏の長女・愛原実花が、宝塚雪組の次期娘役のトップに起用されることが発表されました。

日本女子大学付属高を経て04年「スサノオ」で初舞台を踏んだ。その年、阪急電鉄初詣でポスターモデルを務めるなど入団当初から将来を期待されていた。

初舞台から5年でトップに、ということですね。

ググったら愛原実花 - Wikipediaもありました。

4歳からバレエを習っていて、中学3年の時に宝塚受験を決意。1年間勉強したあと、1回で合格した。

トップの写真はあるけれど、他の生徒の写真はないのですね。どこかに写真がないのかなー、と思ったら、初のヒロイン「重み噛みしめて」という記事にありました。

ザ・タカラヅカIV 雪組特集 (タカラヅカMOOK)

ザ・タカラヅカIV 雪組特集 (タカラヅカMOOK)

■関連記事

つかこうへい長女、雪組娘役トップに!

163センチの長身を生かした舞台映えする現代的な容姿に加え、確かな演技力を併せ持つ大型娘役として注目されていた。