加勢大周被告、芸能界引退を表明 「田舎で一から出直し」という記事より。

10日東京地裁で開かれた俳優、加勢大周被告(38)=本名・川本伸博=の初公判。被告人質問で加勢被告は「田舎の親元に戻って一からやり直したい」と述べ、芸能界から身を引く意向を示した。

覚せい剤で逮捕された加勢大周の公判が開かれ「田舎の親元に戻って一からやり直したい」と芸能界引退を示唆しています。

既に自宅マンションなどは引き払い、北海道函館市の実家に戻る見通しということです。「自分なりに静かなところで反省して、判決を受けたい」として保釈申請もしていません。

薬物に手を出した動機として、次のように語ったそうです。

「僕はすべて昔話で済ませたかったが、どうしても、取材や共演する人から、そこを聞かれてしまう。自分が楽になれば、というのが理由だった」

芸名のことや離婚問題など、ということのようですが、過去についてほじくり返されたくないことなんて、誰しも一つや二つはありますからね。だからといって、薬物に依存して良い、という理由にもならないでしょう。

芸能界引退し、函館の実家に戻る加勢大周の今後です。