小室哲哉と妻、知人宅で“謹慎生活”…神社参拝を直撃という記事より。

著作権譲渡をめぐる5億円の詐欺罪で起訴された音楽プロデューサー小室哲哉(50)が、妻で歌手のKEIKO(36)と2人で都内の知人宅に身を寄せ“謹慎生活”を送っている。

3,000万円の保釈金で釈放された小室哲哉のその後ですが、KEIKOと二人で都内の知人宅に身を寄せているのがフライデーにキャッチされたそうです。

小室哲哉は、

「毎日毎日、部屋の中で1人、反省している。今までのことを振り返り、どうしてこうなってしまったのか書きつづっている」

とフライデーに語ったそうです。「許されるならば音楽、作曲に携わっていきたい」とも。

書き綴っている内容は、いずれ告白本やエッセイのような形で出版されることになるのでしょうかね。

ここまでの小室哲哉です。

小室哲哉、詐欺で逮捕!!
小室哲哉、5億円を返済しても実刑?
ホリエモン、ブログで小室哲哉を語る
小室哲哉、毎月の生活費は800万円
小室哲哉容疑者「拘置所は寒い」
小室哲哉、保釈金3,000万円で釈放
小室哲哉の保釈金、立て替えたのは「エイベックス」
小室哲哉の告白本を出版するKAZUKIって誰?

■関連記事

小室被告「毎日毎日反省」…KEIKOと知人宅で生活

小室被告は結婚記念日(11月22日)や、50歳の誕生日(27日)を知人宅で過ごしたことを明かし「毎日毎日反省し、どうしてこうなってしまったのか書きつづっています」と話している。