ゴージャス松野、一時心肺機能停止していたという記事より。

女優、沢田亜矢子(59)の前夫で、タレント兼レスラーのゴージャス松野こと松野行秀(47)が一時心肺機能停止状態に陥り、現在緊急入院していることが11日、分かった。

沢田亜矢子の元夫で、タレント兼プロレスラーのゴージャス松野こと松野行秀が、一時心肺機能停止に陥っていたことが分かりました。

福島の仕事先で仕事を終え、飲食店でビールを飲んでいたところトイレで倒れ、1時間後にパートナーの演歌歌手・田代純子が発見。

救急車で同市内の病院に搬送され、心肺停止状態だったため、心臓マッサージと気管切開を受け、奇跡の生還を果たした。

松野行秀は「抗うつ剤を飲んでいました」と語っており、アルコールと影響して「急性肝不全状態になった可能性もある」ということです。いずれにせよ、無事に回復して何よりでした。

心肺停止時の記憶については「外の声は聞こえるけど体が動かなかった。三途の川は見えなかったし、息苦しいだけだった」と臨死体験を生々しく語った。

心肺停止していても、声が聞こえていたということで、意識はあったのですね‥‥。

あの元ホストの有名タレントが心肺停止で緊急入院という記事には、

「付き人が自分の部屋のカギを使ったら偶然にもドアが開いた。中では松野があおむけに崩れていた。体が冷たく、瞳孔も開きっぱなしで…。『死ぬなよ!』と何度も叫んでしまいました。私は松野の親代わりだから」

という、田代純子の生々しいコメントが紹介されています。心臓が再び動き出した時、医師は「奇跡が起こった」と驚いたそうです。

身をさらしてこそ浮かぶ瀬もあれ―情けなくても一生懸命気持悪くても一生懸命 (ムックの本)

身をさらしてこそ浮かぶ瀬もあれ―情けなくても一生懸命気持悪くても一生懸命 (ムックの本)