YOSHIKIに相撲協会が謝罪という記事より。

日本相撲協会の世話人から無礼な言動を受けたとして抗議していたX JAPANのリーダーYOSHIKIの所属事務所に1日、同協会が口頭で謝罪した。

白鵬の優勝を祝うために支度部屋を訪れたYOSHOKIが「畳の上だぞ。靴を脱げ」「そこ、靴脱いで」などと怒鳴られたことが報じられ、相撲協会の対応に抗議していたのですが、相撲協会が謝罪したそうです。

協会から電話で「不愉快な思いをさせて申し訳なかった。世話人から話を聞いたところ、本人も強く言い過ぎたことを深く反省しており、協会も言葉遣いに気をつけるよう指導します」と謝罪された。

ということで、口頭での謝罪となったということです。

が、YOSHIKI「事故…と考えるしか」という記事によれば、

YOSHIKIは文書にはしないとする姿勢に納得いかない部分もあったが、「もう、ある場所に行って事故にでもあったみたいに考えるしかない」とこれで騒動を収束させたい意向を示した。

ということで「事故」と考えることにしています。

それにしても、相撲協会もYOSHIKIもマスメディアを賑わせまくりですね、いろいろな話題で。

YOSHIKI―わたしはあきらめない (わたしはあきらめない)

YOSHIKI―わたしはあきらめない (わたしはあきらめない)

■関連記事

YOSHIKI白鵬気遣い無礼騒動収束へ

謝罪する白鵬らを気遣い騒動を広げるのを避けたようで「自分も含めてこちらのスタッフも『もう少し機敏に対応できていれば』と反省しなければいけない…もある」と譲歩した。

騒動鎮火 YOSHIKIに相撲協会謝罪

YOSHIKIは「もうそんなことを考えてる時間がなくて。素晴らしい音楽をファンのみなさんに届けることに集中したい」とコメント。

YOSHIKI事務所 相撲協会から「謝罪あった」…支度部屋で「走れ」騒動

YOSHIKIの所属事務所は、協会から「不愉快な思いをさせて申し訳ございませんでした。YOSHIKI様のファンの皆様にも大変ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした」など謝罪のコメントがあったとリリースを発表。