まことちゃんハウス訴訟「私へのイジメだ」という記事より。

「まことちゃん」で知られる漫画家の楳図かずお氏(72)が東京・吉祥寺に新築した赤白ボーダー模様の自宅について、景観を損ねるなどとして近隣住民2人が、外壁撤去を求めた訴訟の口頭弁論が29日、東京地裁で開かれた。

もう楳図かずお邸は建ってしまっているのですが、まだ裁判は続いていたようです(もしかして新しい別口の裁判でしょうか?)。

楳図かずお、自宅建築の差し止めを申し立てられるということでお伝えしていた、赤白しましまの楳図かずお邸の裁判です。

楳図氏は赤白ボーダーのネクタイ姿で初出廷。赤白について「高校時代からのトレードマーク。赤は元気、白は無垢(むく)を表す」と訴えた。

写真も掲載されていて、確かに目立つ感じはしますけど、そんなに毛嫌いするようなものでもない気がするのですが‥‥塔の目に当たる窓ガラスが「点滅を始め、おぞましい」と原告。

梅図かずお氏は「悪意を感じる。新参者の私へのイジメだ」と主張しています。

恐怖 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)

恐怖 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)

恐怖 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)

恐怖 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)

■関連記事

楳図氏が法廷で反論「バランス取れた色彩」

「同じ色合いの建物を建てたことはあるが、問題にならず、夢があるとか誇りを持てると評価してくれる人もいる。反対住民の主張は新参者へのいじめで、悪意を感じる」