赤塚不二夫さん告別式でタモリが弔辞読むという記事より。

2日に肺炎で亡くなった漫画家赤塚不二夫さん(享年72)が5日、病院から無言で自宅に戻った。02年3月に検査入院し、翌4月に脳内出血の手術を受けてから1度も退院できなかったため約6年4カ月ぶりの帰宅となった。

肺炎で亡くなった赤塚不二夫氏の葬儀・告別式が、8月7日10時半から東京都中野区中央の宝仙寺で営まれるのですが、タモリが弔辞を読む予定だそうです。

マスコミに向けて異例のコメントを出していたタモリですが、告別式での弔辞も読むことになったのですね。

赤塚さんの遺影は95年ごろ撮影したインタビュー写真、祭壇には「うなぎイヌ」などのパネルが飾られる。

ファンのための焼香台も設けられるということです。

なお、葬儀委員長は藤子不二雄A、喪主は長女のりえ子さんです。

■関連記事

赤塚不二夫さん無言の帰宅、タモリが弔辞

長女の赤塚りえ子さん(43)と妹の梅原寿満子さん(70)に付き添われて午後8時すぎ、自宅の門をくぐった。弔問に訪れた山本晋也監督、漫画家仲間の北見けんいち、ちばてつや両氏らと対面した。

赤塚さん告別式でタモリ弔辞

告別式は午前10時半開始。正午からレギュラー番組「笑っていいとも!」に生出演するため、式の序盤で哀悼の意をささげ、その後、東京・新宿にある「スタジオアルタ」に入る予定。

赤塚不二夫さん、6年4カ月ぶり無言の帰宅

自宅には親交が深かった映画監督の山本晋也氏(69)や漫画家のちばてつや氏(69)らも訪問。遺体は2階のアトリエに花とともに安置され、赤塚さんは久々の帰宅を心許せる仲間と過ごした。