青木アナ「疲れた」今秋にもTBS退社という記事より。

TBSの青木裕子アナウンサー(25)が、今秋にも同局を退職することが7月31日、分かった。すでに今週初めに会社に退職の意思を伝えている。今後、正式な退職届を提出する見込みで、今後の活動については未定という。

TBSの人気アナウンサーである青木裕子アナウンサーが、2008年秋にもTBSを退職することが明らかになりました。

既にアナウンス部の上司に退職の意向を伝えており、近々にも退職届を提出するようです。数ヶ月前から退職を漏らしており、意思は固いと記事。

自身の今後については「1度ゆっくり考えたい。フリーアナウンサーとしてやっていくかは、まだ考えていない」と話しているそうです。

まだ25歳で、アナウンサーとしてもまさにこれから、という時期だったと思うのですが「やりたい仕事ができなかった」のだそうです。結果的に、疲れてしまった、と。

入社4年目の青木アナは、慶大時代に女性ファッション誌のモデルもやっていた172・5センチの美人で、入社4カ月で情報バラエティー番組「サンデージャポン」のアシスタントに抜てきされた。

報道を希望したものの、バラエティ番組が続いたことが、結果的に気持ちを消耗させてしまったのかもしれません。

一方で、06年のディレクターとの不倫交際や、07年の年下ディレクターとの熱愛を写真誌に報じられるなど、私生活でもたびたび話題を呼んでいた。

そんな話題もありましたね。確かにこういうのも疲れそうです。

青木裕子アナがTBS退社へ…既に辞表提出によると、

来週発売の週刊誌にプライベートな問題を報じられることが原因とみられる。

ということで、また週刊誌に撮られちゃったみたいです。「一両日中にも退社の運びとなる」とまで書かれていますね。

真相はいかに? TBSは慰留することができるのでしょうか。それとも?

■関連記事

青木アナは慶大卒、デカッ!172・5センチ

1983年(昭58)1月7日、埼玉県生まれ。慶大卒業後の05年にTBS入局。過去の主な出演番組「はなまるマーケット」「アスリート応援TV!ニッポン!チャ×3」「キャプテン☆ドみの」など。

TBS青木裕子アナ辞意…局は慰留

青木アナは1日、プロ野球オールスター第2戦のハーフタイムショーに、「小倉優子音楽隊」の一員として登場。“Wゆうこりん”としてボーカルを担当するなど、“局の顔”としての人気があるだけに、先行きが注目される。

TBS青木裕子アナ、突然の辞意の“背景”とは

芸能リポーターの梨元勝氏は、「2度のスキャンダルにもめげず強い子だと思っていたが、番組降板の噂が出たときはプロダクションが触手を伸ばしていた。局ではタレントのギャラの10分の1もかからない女子アナを重用する傾向が続くが、やりたいこととのギャップに翻弄されたのでは」と話している。