田代まさし氏がアロハシャツで出所会見という記事より。

覚せい剤取締法違反などの罪で05年2月に懲役3年6月の判決を受けて服役していた元タレント田代まさし氏(51)が16日、東京・阿佐ケ谷ロフトAで出所報告会見を行った。

ネタフルでも出所をお伝えしていた田代まさしですが、都内で出所報告の記者会見を行っています。

刑務所では田代まさしと気づいてもらえなかったという話もありましたが、ハンチング帽にサングラス、アロハシャツと、以前の田代まさしの風貌です。

刑務所での生活を振り返り「薬物の禁断症状はなかったけど、睡眠剤をもらわないと眠れない毎日でした。あんな生活は2度としたくない」と話したそうです。

出所後には「甘いモノをコンビニで大人買い」してむさぼり食べたことや「シャバの生活に慣れず」体調が優れないことなどを話したということです。

現在は妹夫婦の家に身を寄せ、貯金を切り崩して生活しているということです。奥さんとは服役中に離婚しています。

田代まさし出所会見「シャバ戸惑ってる」という記事では、

「睡眠剤をもらわないと眠れない、つらい毎日。生きがいの家族と離れ、自殺も考えました」
「収入はラッツ&スターの歌唱印税、年間3000円だけ」

といった話も。

薬物の禁断症状はないとしたものの、ろれつが回らず、指先を震わせていたそうです。今後も矯正施設に入所する予定はないとのこと。

芸能界復帰は諦めているとしてはいるものの「ずっと芸能界で活動してきたので自分なりに自信はある。ただ周囲の人が決めること」と可能性は残しています。

■関連記事

「二度とこんなつらい思い…」 田代まさしさんが出所会見

田代さんは時折、笑みをみせたものの、トレードマークの口ひげには白いものが混じり、貧乏揺すりや腕の震え、ろれつが回らない話し方など終始落ち着きがなかった。その理由は「緊張しているからです」と説明した。

田代まさし、出所後初公の場

報道陣からベレー帽とサングラスを外すよう求められたが拒否した。

田代まさし氏に指摘「ろれつ回っていない」

「ろれつが回っていない」との報道陣の指摘に「緊張している。睡眠薬の影響はあるかも」。

田代まさしが3年半の服役から出所「二度とつらい思いしたくない」

現在は仕事はしておらず、親類宅に同居している。服役していた3年半の月日については「つらいものでした。もう二度とつらい思いはしたくない」と振り返っていた。

田代まさしが会見「二度とこんなつらい…」

「3年半は全然やってなかった。禁断症状も現れなかったし、夜、寝られなかったぐらい。自分なりには刑務所生活がつらかった。二度とこんなつらい思いはしたくないので、薬物をやる気はまったくありません」と断言したが、出所後に依存者支援の団体や医療機関に協力を求めるつもりはないという。