清志郎がん転移でライブ中止、治療専念という記事より。

2年前に患った喉頭(こうとう)がんから復活したロック歌手の忌野清志郎(57)の左腸骨に、新たにがんが転移していたことが14日、分かった。所属事務所を通じて文書で発表した。

2006年7月に喉頭癌で入院2008年2月に復帰した忌野清志郎ですが、左腸骨にがん転移が判明し、再び療養に入ることになったそうです。

夏に予定されていた苗場のライブ、秋の日比谷野外音楽堂でのライブはキャンセルになります。

5月末、足に痛みを感じ始め、マッサージでは改善しなかったため今月8日に検査。転移が確認された。9日から放射線による通院治療を始めている。

がんで恐いのはやはり転移だった訳ですが‥‥でも、忌野清志郎ならきっと大丈夫。

忌野清志郎は自身のウェブサイトでコメントを出しています。

2008-07-15_1402.png

妙に前向きになるのはなぜだろう、腰にガンが見つかった。心配はしないでくれ、これくらいのことは覚悟してたんで ぜんぜんヘコんでないから。ブルースはまだまだ続いているというわけだ。

最後に、前回の治療の時と同じメッセージが。

もう一度言おう、夢を忘れずに!

関係者が「すでに2回の治療で、痛みが消えてきました。食欲もあって、体重も増えているほど元気です。今後は医師と相談しながら治療方法を選びます」とコメントしています。

盟友チャボは「大丈夫! あのキヨシローだぜ! みんな、キヨシローを信じて待っていようぜ!」とコメント。

忌野清志郎、がん転移…夏のイベント中止し治療に専念によると、

今月8日には最近収録されたテレビ朝日系のトーク番組「徹子の部屋」にゲスト出演していたが、明らかに体力が弱った様子で、黒柳徹子さん(74)からの質問にも「はあ」「そうですね」などと答えるのがやっと。会話が一向に盛り上がらず、代わりにライブや趣味の自転車運転を楽しむ様子の映像が繰り返し流されたため、ファンから心配する声があがっていた。

ということもあったそうです。

でも‥‥待ってるぜ、キヨシロー!

入門編

入門編

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館

■関連記事

清志郎がん転移、ライブなどすべて中止

事務所などによると、忌野は2006年に喉頭(こうとう)がんで入院し、活動を休止。今年2月、日本武道館でのライブで完全復活を果たしたが、今月8日に左腸骨への転移が確認され、現在は通院治療を続けている。

清志郎 がん腰に転移も復活宣言!

2年前と同じ主治医に自宅から通っており、治療は1日5~10分程度。関係者は「本人もそして家族も、とても前向きに病気と向き合っています」と再び始まった闘病生活の様子を明かした。

清志郎がん転移!左腰の腸骨に発見、長期休養濃厚

06年7月、歌手の命であるのどをがんに侵された清志郎。声帯摘出の手術を回避しつつ、化学療法や趣味のサイクリングによるリハビリなどで克服し、今年2月の日本武道館公演で約1年7か月ぶりの本格復帰を果たしたばかりだった。

忌野清志郎、左腸骨にがん転移…全公演中止

これまで闘病を「ブルース」と表現してきたが、今回のコメントでも「ブルースはまだまだ続いているというわけだ」と、回復への意欲をつづった。喉頭(こうとう)がんは放射線治療に加え、玄米菜食法や漢方など民間療法を取り入れて消滅させた。その不屈の精神力で、2度目の復活につなげる。