尻相撲で重傷アナ、両手動くまで回復…テレビ宮崎・柳田哲志さんという記事より。

宮崎県高千穂町で14日に行われた尻相撲大会の生中継中に、頚椎(けいつい)骨折などの重傷を負ったテレビ宮崎の柳田哲志アナウンサー(40)について、同局は16日、「両手も動くようになり快方に向かっている」と話した。

テレビ宮崎・柳田アナ、脊髄損傷の疑い…尻相撲生放送中に骨折ということで、尻相撲の中継で、押し出されて頭からダイブして頸椎骨折の重傷を負っていたテレビ宮崎の柳田哲志アナウンサーが回復に向かっているそうです。

テレビでは頭から泥に埋もれ、首から下が動かなくなってしまった柳田アナの姿がそのまま中継され、その後の容態が心配されていたのですが、手が動くようになったということで、少し安心しました。

同局によると、柳田アナは15日に手術。「個人情報なので」と詳細は明かしていないが、生命に別条はなく意識もはっきりしている。

頸椎骨折ということでどうなることかと思ったのですが、本当に良かったです。

深さ10cmの水田に、プールに飛び込むようなスタイルであごを引いて頭からダイブしてしまったらしいです。