2児の母・宮崎ますみ 夫婦生活に終止符という記事より。

乳がんを公表して講演活動も活発な女優の宮崎ますみ(40)がカメラマンの夫(55)と昨年11月に離婚していたことが分かった。

宮崎ますみが「婦人公論」で14年間の結婚生活にピリオドを打ったことを告白しているそうです。

仕事で出会ったロス在住の夫と結婚し、2人の男児にも恵まれましたが、性格の不一致とでもいうのでしょうか、次のような理由が語られています。

「私が理想とする夫婦の形は、互いをさらけだして本心で語り合い、ときにはぶつけ合って切磋琢磨(せっさたくま)して前進していくものでした。しかし、彼は多くを語らないタイプ。(中略)彼とは深い部分で通じ合えないかもしれないと感じ始めた」

2005年の女優復帰で帰国、やり直すことも考えたものの、宮崎ますみから離婚を切り出したということです。

宮崎ますみ、君武氏と離婚していた…「婦人公論」で告白によれば「女優復帰してから夫婦関係が崩れ始め」宮崎ますみが別れ話を切り出し、乳がんを機に復縁。

「自分自身が命にかかわる病気をして、もう嘘がつけない、ごまかしが利かない心と体になったのだと思います。夫も、一度ハワイでやり合ってますから、やっぱりダメだったなと納得したんだと思います。親権、財産…と、話し合いもごく円満でした」

最終的には、宮崎ますみがもうもう一度、切り出すことになったという経緯でした。

映画「Strange Circus奇妙なサーカス」(主演・宮崎ますみ)写真集

映画「Strange Circus奇妙なサーカス」(主演・宮崎ますみ)写真集

屋根裏の散歩者〈完全版〉

屋根裏の散歩者〈完全版〉

■関連記事

宮崎ますみ、離婚していた…「婦人公論」で告白

宮崎は1994年に結婚後、渡米。95年に長男、97年に二男を出産。03年にハワイへ移住したが、05年に帰国。女優活動を再開し、乳がんであることも告白した。宮崎は22日に公式HPで正式発表する。

宮崎ますみ昨年11月に離婚していた記事を印刷する

女優宮崎ますみ(40)が15歳年上のディレクター兼カメラマンと昨年11月に離婚していたことを、22日発売の「婦人公論」で明かしている。