少年隊「PLAYZONE」23年目の卒業という記事より。

「少年隊」がライフワークとして続けてきた主演ミュージカル「PLAYZONE(プレゾン)」を今年で卒業することになった。

なんとなく季節の風物詩的なところがあって、数少ない「少年隊」が3人揃って活動する場だったのですが、23年目にして卒業だそうです。

ただし「プレゾン」というタイトルは残し、ジャニーズ事務所の後輩たちが受け継いで行くということです。

大和剛プロデューサーは、20年の節目を迎えたころから世代交代を考えていたと説明。「若い芽を作るには今が最適。“新しいプレゾンを作れる”と思えるメンバーが育ってきた」としている。

誰が「プレゾン」を受け継いでいくのでしょうか?

今年の千秋楽に通算公演957回、観客動員138万465人に達する。

この記録もすごいですよね。国産オリジナル・ミュージカルとしては公演数、動員数ともに最多記録を更新中です。

少年隊、ミュージカル「PLAYZONE」を卒業!後進に道譲るでは「ここまで続けられたのは、ファンの皆さんのおかげ。感謝の気持ちやメッセージを込めていきたい」とニッキのコメントが。

PLAYZONE ’96 RHYTHM

PLAYZONE ’96 RHYTHM

■関連記事

少年隊、23年の歴史に幕…夏恒例「PLAYZONE」

「この2、3年でメドが立った。1000回や25年の区切りも近いが、記録にこだわらないのも少年隊らしい」