大友康平新アルバムに元メンバーが待ったという記事より。

ロックバンド、ハウンドドッグの大友康平(52)が5月に発売予定の新アルバムに対し、同バンドの元メンバーの八島順一(52)らが反対の意向を示していることが24日、分かった。

大友康平が新しいアルバムの準備を進めているのですが、その中に過去のヒット曲が含まれることから、実際に作曲した元メンバーたちが「ノー」を突きつけているそうです。

拒否をしているのは八島順一、蓑輪単志です。それぞれの代表曲は次のようになっています。

八島順一
・嵐の金曜日
・涙のBirthday

蓑輪単志
・ff
・ONLY LOVE

どれも「ハウンドドッグ」の代表曲で、バンドって一人のものじゃないんだな、と思いますね。

大友康平にしてみれば過去のヒット曲を収録すれば、それだけ売上も見込めるのでしょう。

しかし「法的拘束力」はないということですが、楽曲を作った元メンバーの二人はそれを大友康平のアルバムには収録して欲しくないという。

レコード会社では「制作上の理由で、アルバムの発売を延期します」とコメントしているということですが、果たしてどうなるのでしょうか。

発売を強行するのか、それとも?

J-POPのカバー集だったり過去のヒット曲でアルバムを作るのだったら、メンバーたちと和解して「ハウンドドッグ」としてライブバンドに戻ってもいいんでは、とも思ったりしますけどね。

ちなみに一連の騒動に関しては大友康平「尾崎豊さんの気持ちが分かりました」である程度、分かると思います。

THE BEST~INNOCENT DAYS~

THE BEST~INNOCENT DAYS~

■関連エントリー

ハウンドドッグ、大友康平だけで活動へ
ハウンドドッグ、サポートメンバーに小田原豊・葛城哲哉ら
ハウンドドッグ、和解
大友康平、一人でハウンドドッグ