東原亜希が自身のブログの「コメント大賞」というエントリーで、井上康生から「最後まで戦うよ」とメールが届いたことを明らかにしています。

higashihara_kose_213_1.jpg

フランスの大会で5位だった井上康生が随分と弱気になっていたのですが、気持ちを前向きに切り替えることができたようですね。

難しいタイミングで結婚したなー、と思っていたのですが、このために結婚したのかもしれません。

今の私たちには
落ち込んでいる時間すらありません。

戦う、ふたり。

「残された日本での戦い」に向けて「突っ走っていきます」ということです。

■関連記事

康生、五輪目指し妻に「最後まで戦う」

敗退から一夜明けた11日には「結論がでていないことがいろいろある」と悩める胸中を吐露していたが、二人三脚で北京五輪を目指すため結婚した妻へ「宣言」したことで闘志が再点火。この日、パリで行われた国際合宿では外国勢と汗を流し「しっかり気持ちを切り替えて次を迎えたい」と断言した。

東原亜希 夫婦で不屈の戦い続ける

タレントの東原亜希(25)が12日、夫で柔道選手の井上康生(29)がフランス国際で5位に終わり北京五輪出場が絶望視されていることについて、自身のブログで「わたしたちは頑張ります。赤信号を青に変えて」と不屈の精神で戦い続けることを誓った。

東原亜希、夫敗戦に「現実と正面から向き合いたい」

ブログには「嫌なことのあとにはいいことがありますっ!!」「本当に応援しているので、夫婦で頑張っていってください」など励ましのコメントが多数寄せられ、東原は「たくさんの応援コメントありがとう。