「ニュースJAPAN」の松本キャスター、2カ月半ぶりに復帰という記事より。

昨年11月22日放送分から休養していた理由について、「私事ですが、家族の看病でお休みをいただき、視聴者の皆さんにご心配をおかけして恐縮です。実は妻が重いクモ膜下出血を発症し、今もなお闘病しております」と初めて本人が明らかにした。

「家族の看護のため」として「ニュースJAPAN」を休養していた松本方哉キャスターが、自身の妻の介護であったことを番組に出演して明かしています。

現在も闘病中ということですが、松本方哉キャスターがテレビ出演をこなせるくらいには、状態が落ち着いてきたということなのでしょうか。

松本氏は「今後ともしっかりニュースを伝えていきますが、看護のため出演を見合わせることもあると思います」とも語った。

休養中は滝川クリステルアナウンサーがメインを務めており、今後もしばらくは金曜日のみ一人で担当するということです。

■関連記事

家族看護のフジ松本キャスターが復帰

家族の看護のため昨年11月22日からフジテレビの報道番組「ニュースJAPAN」の出演を休んでいた松本方哉(まさや)キャスター(51)が11日、復帰した。