小林武史氏とAKKO元日に離婚届提出という記事より。

Mr.CHILDRENを手掛けるなど人気音楽プロデューサー小林武史氏(48)とMY LITTLE LOVERのボーカルAKKO(34)が1日に離婚届を提出したことが3日、明らかになった。

音楽プロデューサーの小林武史と「MY LITTLE LOVER」のボーカルであるakkoが、2008年元旦に離婚届を出したそうです。

小林武史といえば、かねてより一青窈との不倫が伝えられていました。akkoは「MY LITTLE LOVER」としての活動を再開していましたし、離婚に向けての話し合いをしているとも伝えられていました。

所属事務所のサイトで連名で発表されているそうです。

「家庭とMY LITTLE LOVERの両面で、二人三脚で歩んできた2人ですが、音楽的に方向性が違ってきたことを含めて、だんだんとその足並みが合わなくなってきていました」

音楽性の違いが原因、とされていますね。

小林武史・AKKO元日離婚…12年結婚生活にピリオドによると、

離婚後、2人の娘の親権はAKKOが持つ。慰謝料などについても、小林氏は「責任を持って面倒を見ていく」としている。今後もマイラバの所属事務所の社長として、プロデューサーとしても変わらずAKKOと仕事をともにしていくようだ。

ということです。

akko (オリジナル・アルバム+ベスト・アルバム)

akko (オリジナル・アルバム+ベスト・アルバム)

dreamy success

dreamy success

■関連エントリー

一青窈、小林武史と不倫?
小林武史、一青窈と再婚へ