「お互いを見極めたい」王理恵さん、本田氏との入籍を無期延期という記事より。

大相撲の横綱朝青龍(27)を診察した精神科医、本田昌毅医師(37)と婚約していたプロ野球ソフトバンクの王貞治監督(67)の二女、理恵さん(37)が25日、東京・台場のフジテレビで会見。本田医師との入籍を延期したことを発表した。

突然の結婚発表から、突然の結婚延期をした王理恵さんが、記者会見をしています。

ハワイ旅行の帰国便の中で読んだ、週刊誌の記事が元で延期を決意したそうです。

「機内で本田昌毅さんについて書かれた週刊誌を読んで、『延期ということにできないか』と言ったことは事実です」

本田医師と患者のスキャンダルについて書かれていたそう。

「週刊誌の記事がきっかけではありません。小さなことの積み重ねから、です」としつつ「彼は今でも婚約者です」としつつも「私の中で考え直したい」と。

「婚前旅行のハワイで何かあった?」という質問に「大きい何かはないです。ただ、あまり一緒に時を過ごしていなかったなと感じました」と回答しているのですが、再々婚なのでそのあたり慎重かと思ったのですが。

王理恵さん“前向き”延期も歯切れ悪く…によれば「小さなことの積み重ね」が理由ということですが、それに関しては、

「彼には言いました。ほかの人にも指摘されたことがあるそうで、『言ってくれてありがとう』と。直せるもの? 直せるものですね」

と語ったそうです。

■関連記事

王理恵さん会見、本田氏女性関係で溝

関係者によると、本田氏の女性関係について理恵さんが疑いを持ったことで溝が生まれたようだ。