高岡早紀がエイベックス入りへという記事より。

女優高岡早紀(35)がエイベックス・エンタテインメントと所属契約の話し合いを進めていることが23日、分かった。

2007年11月末で所属事務所を退社していた高岡早紀が、新しい所属先としてエイベックス・エンタテインメントと話しを進めていることが分かったそうです。

エイベックスは浜崎あゆみ、大塚愛、倖田来未らが所属。音楽のイメージが強いが、最近は映像、芸能部門を強化している。

最近はミリオンヒットも出にくくなっていますし、そういう意味でマネージメントの水平展開というのもあるのでしょうね。

他にも小雪、中村獅童と業務提携、日本ハムのダルビッシュ有投手とマネジメント契約を結ぶなどしているそうです。

■関連記事

高岡早紀「エイベックス」と専属契約

エイベックスでは、悪女役もできる高岡の幅広い演技力に期待しており、早くも出演依頼が来ている。新天地での第1弾は映画になりそうで、早ければ1月上旬から撮影に臨む予定だ。

高岡早紀エイベックス移籍!引退一転再出発

「エイベックス」は総製作費30億円が投じられて今年3月に公開された映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」やアジア映画史上最高額の製作費7500万ドル(約90億円)を投じる映画「レッドクリフ(仮題)」(ジョン・ウー監督、08年公開)など大作映画の製作も手掛けており、願ってもない環境が整っている。