“引きこもり美人”光岡昌美が歌手デビュー、カーテン閉め作詞という記事より。

引きこもり体験を詞に乗せ歌う美形の異色歌手、光岡昌美(21)が28日に自ら作詞した「Hana」でデビューする。

中学時代に相談した先生に裏切られたことから人間不信に陥り、引きこもりになってしまった光岡昌美だそうです。

支えとなったのが作詞で、なんと30冊にもおよび詩を書きとめていたそうです。

友人から誘われたカラオケでうまく歌えずにボーカルスクールに通ったことが転機になったのだとか。

抜群のルックスと伸びのある歌声が評判となり、芸能事務所のオーディションを勧められ、合格。

スタッフから自分の詩で歌うことを勧められ、デビューが決まったとのこと。

“引きこもり美人”というキャッチがついている記事ですが、本人も美人だし、ものすごいシンデレラストーリーですね。

「初めて人に認められて、元気が出ました。人前に出るのは嫌いだけど、歌っている時は別。ネガティブな部分も含め、すべてをさらけだしたい」と語っています。

Hana
Hana(初回限定盤)