作家タッグ!猪瀬氏が東京都副知事にという記事より。

石原慎太郎知事(74)が15日、都庁で行われた定例会見で、副知事就任の打診をしていた作家の猪瀬直樹氏(60)が就任を了承したことを明らかにした。

作家の猪瀬直樹氏が、石原慎太郎知事からの要請で副知事に就任したそうです。

「国の役人に対して発言力があり、博覧強記な人。東京が国との間に抱える問題について良いアドバイザーになると思う」と石原都知事。

猪瀬直樹氏というと、小泉政権時代に道路公団の民営化を頑張っていたという印象がありますが、今度は都政で、ということなのですね。

「役割については具体的な担当を与えず、副知事として自由に仕事をさせる方針」だそうですが、猪瀬直樹氏は「中央省庁の権限を、東京を含めた地方にどう移していくか一生懸命考えたい」と語ったそうです。

猪瀬直樹氏、いずれ政治家に転身するのでしょうか。副知事の報酬は年間2,000万円超だそうです。

猪瀬直樹氏、副知事を了承…慎太郎「僕より激しい」では「僕より激しいところがあっていいんじゃないかな。論理性もあって、国との仕事の実績もある。こちらの期待した以上の仕事をしてくれるだろう」と石原都知事。

日本人はなぜ戦争をしたか―昭和16年夏の敗戦

日本人はなぜ戦争をしたか―昭和16年夏の敗戦

猪瀬直樹 道路の決着

猪瀬直樹 道路の決着

ミカドの肖像

ミカドの肖像