「あるある」打ち切りへ…花王がスポンサー降板という記事より。

事実上の番組打ち切りだ。この日午後、花王は提供を降りると、関西テレビに通達。「スポンサーとして、広告主として常日ごろ、信頼性のある番組作りを要望していただけに、極めて遺憾です。今後、同時間帯のスポンサーとして復活するかは未定」と説明した。

ねつ造していたことが発覚していた「あるある」ですが、一社提供していた花王がスポンサーを降りることになったそうです。事実上の打ち切りであると記事。

関西テレビの日曜9時からの1時間枠は、79年10月の「花王名人劇場」から、花王が約27年間、単独提供していた。

ものすごく歴史のある枠だったのですね。

関西テレビには「番組は即刻やめるべき」「できれば(番組を)終了してください」「もうテレビの放送は信じません。見たくもありません」などの意見が寄せられたそうです。

テレビが放送していることを鵜呑みにしてはいけないのはもちろんなんですが、より視聴者の不信感を煽るようなできごとになってしまいました。

■関連記事

「あるある」打ち切りへ!花王スポンサー降板

花王は同日、「広告主として日ごろから信頼性のある番組であることを要望しており、今回のことは極めて遺憾だ」とした。

「あるある〜」打ち切りへ

関西テレビはこの日午前、山本紘専務ら役員三人が総務省の近畿総合通信局に出向き、事実経過を説明して謝罪した。同通信局は「報道は事実を曲げない」とする放送法に抵触しないか詳しく調査し、違反が判明すれば行政指導などを行う。

「発掘!あるある大事典II」打ち切りへ…花王がスポンサー降板

菅総務相は記者団に、「公共の電波の中で、捏造されたものが流されているのは極めて遺憾。事実関係をきちっと調査し、厳しい方向性と再発防止のための施策が必要だ」と述べた。

花王撤退で「あるある」万事休す

関西テレビは危機管理委員会を開き、ねつ造の原因を究明する調査委員会メンバーを大学教授ら、第三者で構成することなどを決定した。

「あるある」打ち切り濃厚…花王がスポンサー降板

22日午前までに、関西テレビと系列キー局のフジテレビには、視聴者からの苦情電話やメールが約2600件を超えた。