低迷大相撲の“救世悪魔”「デーモン」初場所に再降臨という記事より。

閣下が出るのは初場所8日目、14日の日曜日午後3時15分から。注目度の高い時間帯だ。解説はメーンの正面が、十両は錦島(元前頭筆頭・敷島)、幕内は高砂(元大関・朝潮)の両親方が担当。そして向正面では十両・幕内とも閣下が務める。

デーモン小暮「大相撲中継」にゲスト出演というエントリーでお伝えしたのですが、2006年1月15日にもデーモン小暮閣下が大相撲中継で解説していたのです!

ちょうど1年前でしたね。前回は衛星第2と総合に出演していましたが、今回は総合のみのようですね。

「“若貴バブル”が去り、外国人力士の台頭で以前より相撲人気が低迷する中、NHKにとっては知識・キャラクターとも得難い存在」と記事では分析されていますが、本当に相撲を知っているという意味では本当に貴重な存在でしょうね。

「彼はああいうアバンギャルドな外見とは裏腹に、古き良き日本文化の造詣も深い。“相撲小僧”でしたからね。昨日今日の知識じゃない。そこいらの専門家より、よっぽど深いですよ」とやくみつる。

去年は「デーモンさん」と呼ばれていましたが、今年はいかに? 「閣下」を希望いたします。うーん、楽しみです。

DEMON KOGURE“IN THE NAKED LENS”

DEMON KOGURE“IN THE NAKED LENS”

■関連記事

デーモン小暮の相撲解説をテレビで見たよ

説明が分かりやすいんですよね。元力士が解説するだけでなく、相撲になじみがない人でも分かるような解説は良いです。