伝説の女性デュオ「あみん」が24年ぶりに活動再開!という記事より。

岡村が「来年はハコと2人であみんの活動をしてみようかなと思っています」と再始動を電撃発表すると、850人の客席からどよめきと万雷の拍手が渦巻いた。

なんと24年ぶりに「あみん」が活動再開することになるのだそうです。岡村孝子のステージに元パートナーの加藤晴子が飛び入り参加し、2007年に「あみん」として活動することを発表したということです。

「あみん」てなんで活動を休止したのかな、と思ったら「加藤は就職活動を理由に音楽から離れ」ということがあったのだそうです。

その後、加藤晴子はOL、専業主婦となっていましたが、子育てが一段落したところを岡村孝子が口説きレコーディングに参加させたのだそうです。そこから「楽しみながらもう1回やろうよ」ということで再結成に至ったという訳です。

岡村は「(アマチュア時代)大学の裏山で練習しながら、プロになったらこういうことをやりたいと話し合っていたんですが、叶わないまま終わっていたので、今度は楽しみながらできるんじゃないかな」。加藤も「リハビリする点は多々ありますが、よろしくお願いします」と頭を下げた。

ファンにとっては、これは嬉しいできごとですね。なんせ25年も待った訳ですからね。

ちなみに「あみん」というのは、さだまさしの「パンプキン・パイとシナモン・ティー」の歌詞に登場する喫茶店「安眠(あみん)」から名付けられているそうです。

あみん - Wikipediaを見てみたら、ちょっと違う活動休止のいきさつが書かれていました。

岡村のライブ番組内で、加藤がインタビューに答えたところによると、「自分の才能のなさから、音楽業界は自分の居場所ではないと思うようになった」ことが動機で、ただ当時の岡村には言えなかったため、学業との両立を口実に休止を切り出したとのことである。

なるほどー。

ベスト

ベスト