“有名料理人”平野寿将訴えられる…家賃払わずという記事より。

訴状などによると、平野さんは平成15年11月、同協会から委託を受け玉野市内にレストランをオープンさせたが、運営や契約内容などで対立。

対立したことが原因で1年後に賃貸借契約が解除されたものの、翌年の2月まで店舗が明け渡されなかったということで、「家賃を払ってもらえないなど損害を受けた」として、玉野市観光協会が平野寿将氏の会社を訴えたというニュースです。

平野寿将氏側では「提訴される理由はない」としています。何やらこじれてしまったような感じですね。

“お助け料理人”平野寿将氏訴えられるによると、

しかし経営方針などを巡り同協会は平野氏と対立。04年11月、家賃未払いなどを理由に賃貸借契約を解除したが、05年2月まで店舗は明け渡されなかった。「当初は大勢来て頂いたが、段々と」客足も遠のき、7・5か月分、375万円の家賃が滞納されたという。

というのが事情のようです。ヒサマプロジェクトでは、ブログで「プロデュース契約のみ」だったと反論しているようです。

緊急!!<玉野市観光協会の報道について>というエントリーがありました。

しかし、弊社においては、玉野市観光協会に未払家賃等の支払義務を 負うものではなく、提訴される理由はないと考えております。 一部の報道に、弊社に未払家賃があるかのような記載がありますが、 そのような事実はありません。

逆に損害を負ったとして提訴することも発表されています。真っ向から対立のようです。

平野寿将 『「旬」を食う!』

平野寿将 『「旬」を食う!』

■関連記事

料理人・平野寿将さんの会社を提訴

家主の玉野市観光協会が1日までに、平野さん経営のコンサルタント会社に約955万円の損害賠償を求める訴えを岡山地裁に起こした。