朝日放送が男性アナをセクハラ処分という記事より。

朝日放送(大阪市)は十四日、男性アナウンサー三人に女性へのセクハラ(性的嫌がらせ)の就業規則違反があったとして、二人を停職三カ月、一人をけん責処分にしたと発表した。

「担当番組も出演を見合わせる」ということなので、記事には名前は出ていませんが、いずれ明らかになってしまいそうです。

朝日放送広報部によると、三人がかかわったのはそれぞれ別のセクハラ行為で、共謀関係はない。時期も異なっていたが、人事当局の調べで次々に判明したという。

それにしても、船越雅史アナ(日テレ)、セクハラで降格というエントリーをネタフルでも書きましたが、またもやアナウンサーのセクハラが明るみに。

アナウンサーだから、ということではないのでしょうが、抵抗できないような厳しい上下関係があったりするのでしょうか。

■関連記事

朝日放送が男性アナ3人をセクハラで処分

広報部は、社内ルールに反するものの刑事罰には問われないと判断。「被害女性のプライバシーを考慮し、詳しい内容は話せない。視聴者の信頼を損なったことをおわびし、再発防止のため社員教育を徹底する」とコメントした。