林葉直子さん自己破産という記事より。

元棋士でタレントの林葉直子さん(38)が自己破産していたことが、8日までに分かった。すでに10月30日に破産開始決定がなされているという。

2004年に六本木にオープンさせたインド料理店がうまくいかなかったようで、2005年に閉店した際に約400万円の借金が残ったのだそうです。さらに父親が他界した際に、約1億円の借金を負ったという情報もあるそうです。

林葉さんは15歳で、棋士としては当時2つだった女流タイトル(名人、王将)を独占し、“天才少女棋士”として注目を浴びた。だが、94年には失踪(しっそう)。95年に日本将棋連盟に退会届を提出、同年、ヘアヌード写真集を出版し衝撃を与えた。

波瀾万丈ですよね。他にも不倫や豊胸でも話題になっていた気がします。

Amazonで検索すると小説もたくさん出てくるのですが、最近は「タロット占い師」に転身しているそうで、これに再起をかけているのだそうです。

林葉直子 - Wikipediaによると、

女流棋士としての実力は高く、女流四段も射程圏内に入れ(現在の規定では女流五段までは自力で昇段できる)、女流棋士戦に留まる必要もないとすら評されたほどであった。

ということで、棋士としての実力は相当のものだったようですね。だからこそ、いろいろなことにチャレンジできるのかな。

抵抗(レジスタンス)

抵抗(レジスタンス)

■関連記事

林葉直子が自己破産、豪邸代金返済できず

林葉は1990年代、故郷の福岡県福間町(現福津市)に「育ててくれた両親のために」と約1億2000万円かけ、コンクリート造りの豪邸を新築。父恵男(よしお)さんと共同名義人になっていたが、昨年2月に恵男さんが60歳で死去し、約5000万円の借金を林葉1人で返済しなければならなくなった。

林葉さん、10日自己破産会見

自己破産していたことが明らかになった元棋士でタロット占い師の林葉直子さん(38)が、10日に記者会見を開き自ら経緯を説明することになった。林葉さんの所属事務所が9日、発表したもの。