マッキー 松本氏に「不快です」という記事より。

マンガ「銀河鉄道999」内のフレーズの一部が盗作されたとして、原作者の松本零士氏(68)から謝罪を求められていたシンガー・ソングライターの槇原敬之(37)が7日、自らのホームページ(HP)内で潔白を宣言。

一連の騒動の中、これまで沈黙を守ってきた槇原敬之が、ウェブサイトで松本零士に反論したそうです。事態は収束するかと思われたのですが、ここにきて新たな動きです。

MAKIHARANORIYUKI.COMに「楽曲「約束の場所」の歌詞に関して」という文章が掲載されています。

以下のようなことが書かれています。

・「銀河鉄道999」は読んだことがない
・松本氏が本当に盗作だと考えるならば裁判で決着して欲しい
・さもなければ公式な謝罪をして欲しい
・何の謝罪もなく一方的に収束するのならば大変に不快

ということで、槇原敬之としてはこのまま事態を収束されるつもりはない、ということですね。

「私は盗作をしていないことに絶対の自信があります」ので、特に「公式なコメントを出さないことが最善」と考えていたけれど、このままだとうやむやになる可能性があると判断したということです。

確かに、槇原敬之が「999」を読んでいないのであれば、今回の騒動は大変な迷惑だったでしょう。松本零士側としてもマスコミで騒ぎ立てるのではなく、裁判に持ち込むべきだったのかもしれません。

約束の場所

■関連記事

槇原敬之に「999」盗作騒動

漫画家の松本零士氏が「銀河鉄道999」21巻に出てくる、星野鉄郎のセリフである「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というフレーズが盗作されたとして憤っているそうです。

槇原敬之、盗作騒動はノーコメント

映画の主題歌を東京国際映画祭で披露した槇原敬之でしたが、今回の盗作騒動に関してはノーコメントだったそうです。