松本零士さん、槙原敬之の盗作騒動収束へという記事より。

漫画家の松本零士さん(68)が、シンガー・ソングライター槙原敬之(37)作曲の「約束の場所」の歌詞が「銀河鉄道999」のセリフを無断使用していると主張した問題で、双方は25日、ともに収束させる姿勢を打ち出した。

槇原敬之に「999」盗作騒動というエントリーにも書いたように、テレビ出演するなどして松本零士氏が盗作問題に関して訴えていました。

一方、槇原敬之側も訴訟をにおわせていたのですが、弁護士と相談して自分側からは法廷闘争には持ち込まない方針を決定したということです。

そして松本零士氏も「もともと著作権を争うつもりはなく(歌詞は)私の作品のセリフだと主張したかった。これで終わりにしたい」とコメントし、事態は収束に向かったという記事でした。

確かに、このまま続けても、どちらにとってもメリットはなかったかもしれません。

約束の場所