映画「NANA」“2”で打ち切りという記事。

製作サイドは、第1作の段階からシリーズ化を視野に入れていただけに、突然の“完結”発表には、取材陣から「なぜ?」の声が漏れた。

大ヒットした「NANA」は、続編「NANA2」で完結することになったそうです。

監督によれば、

「半年の時間の流れを2、3年かけて描く原作と、実像が変わっていく俳優との間にギャップが出てくる。年に1本ずつ作っても演じる側にとっては厳しくなっていく」

というのが理由だそうです。実際に、ヒロインだったら宮崎あおいが出演できなくなるなど、今後もキャストが変更になるという可能性も配慮されているそう。

どんどん別物になっていくよりは、良い状態で幕引きをしよう、ということなのでしょうね。

なお、宮崎あおいの代わりは市川由衣が抜擢されているそうです。さらに原作は連載が続いているため、映画オリジナルの結末になるということです。

NANA -ナナ- スペシャル・エディション

NANA -ナナ- スペシャル・エディション

■関連記事

「NANA2」で完結!エンディングはオリジナル

第2弾ではナナ(中島)のバンド「BLACK STONES(ブラスト)」のデビューまでが描かれ、エンディングは原作にないオリジナルになる。久保田氏は「すべてが一件落着になるわけではない」と複雑なラストを予告した。