セクハラ船越アナ無期限謹慎にという記事より。

日本テレビの久保伸太郎社長が25日、定例会見を開き、系列局女性アナウンサーへのセクハラ行為で降格処分となっていた同局の船越雅史アナウンサー(44)について、無期限謹慎の方針を明かした。

セクハラで降格していた日テレの船越雅史アナウンサーですが、その事実が公になり、視聴者の不信感が高まり、無期限謹慎という処分が下されたそうです。

久保社長は冒頭で「(すでに)一定期間の出演を見合わせる謹慎処分を下していたが、今回の報道で(新たに)不快の念を抱かれる視聴者もおられ、今後の出演も見合わせることになりました」と報告した。

降格はしたものの番組には出演し続けていたので、それを指摘する視聴者も多かったのかもしれませんね。