女子プロレスラー神取氏繰上げ参院議員にという記事より。

04年7月の参院選で自民党公認として比例代表に出馬し次点に泣いた女子プロレスラー神取忍氏(41)が、晴れて国会議員になる。

竹中平蔵総務相が、小泉内閣総辞職を受けて参院議員を辞職する意向を示したことで、自民党の名簿順位で神取忍が繰り上げ当選することになったそうです。

「身の引き締まる思いとともに、国会議員になったら国民のために精いっぱい努力していく」と神取忍。神取忍が参院選に立候補したのは2004年でした。

プロレス出身の国会議員は、アントニオ猪木氏(63)、馳浩衆院議員(45)、来年改選を迎える大仁田厚参院議員(48)に続いて4人目だが、女性では初めてだ。

馳も最近、プロレスラーを引退しましたが、神取はどうするのでしょうね。

神話(カンワ)

神話(カンワ)

■関連記事

竹中氏先手?議員辞職の意向表明

永田町では「小泉内閣を支えた学者の竹中氏にはコメンテーターでの仕事や講演の仕事が殺到するのは必至」という見方が強い。自民党議員らからは「平議員よりこちらを選んだのでは?1年生議員としての“ぞうきんがけ”に耐えられないということだろう」との声が上がった。