懲りない植草教授、今度は痴漢で逮捕という記事より。

電車内で女子高生(17)に痴漢をしたとして、警視庁は14日までに、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、元早稲田大大学院教授で名古屋商科大大学院客員教授の植草一秀容疑者(45)を逮捕した。

手鏡で女子高生のスカートを覗こうとして逮捕されたミラーマンこと植草教授がまたやってしまいました。今度は、女子高生のスカートの中に手を入れる痴漢行為だそうです。

調べでは、植草容疑者は13日午後10時10分ごろ、京浜急行品川-蒲田間の電車内で、私立高校2年生の女子生徒のスカートの中に手を入れ、下半身を触った疑い。

「酒を飲んでいて覚えていない」と供述しているということですが、通じないでしょう‥‥きっと‥‥。

「電車内で目撃していた乗客2人が取り押さえ」ということなので、かなりしっかりと痴漢行為を働いていたのでしょうか。

それにしてもこの人は‥‥2ちゃんねる風に言えばまさに“神”ですね‥‥。

ようやく復活の歩みをはじめたところだったというのに、どこにいっちゃうんでしょうか、植草教授は。

■関連記事

植草教授を逮捕、今度は女子高生に痴漢−「覚えていない」と供述

植草容疑者は2004年4月、JR品川駅のエスカレーターで女子高生のスカート内をのぞこうとして逮捕された。昨年3月、東京地裁で罰金50万円、手鏡没収の判決を受け、確定した。

<植草客員教授>今度は女子高生の体触り現行犯逮捕

今年4月から名古屋商科大大学院の客員教授として、教壇に復帰していた。同大大学院事務局は「事実確認ができておらず、現段階でコメントはできない」と話している。