11歳・福田麻由子 舞台主役に抜てきという記事より。

11歳の女優・福田麻由子が初めての舞台で主役を務める。若者に人気の劇団「演劇集団キャラメルボックス」の公演「雨と夢のあとに」(7月20日〜8月31日、サンシャイン劇場ほか)に客員として招かれた

「女王の教室」で注目を集めた福田麻由子が、「演劇集団キャラメルボックス」の公演「雨と夢のあとに」に客演として招かれたそうです。11歳で舞台で主演。凄いです。

成井氏は福田の起用について「一目ぼれです。これだけ情熱のある子なら乗り越えられる」と説明。さらに「小さな肉体が表現している人生はものすごい。加えて頭の回転がよく読解力がある。“この子はできる子だ”と確信している」と絶賛した。

ドラマ化された際に演出・脚本を務めたキャラメルボックスの成井豊氏が、福田麻由子にべた惚れです。

東京・大阪で43公演、1日2公演の時もあるそうです。体力的に凄くきつそうですが、頑張って!

ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX

ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX

■関連記事

11歳福田麻由子主演舞台の制作発表

演劇集団キャラメルボックスの公演「雨と夢のあとに」(7月20日初日)の制作発表が6日、都内で行われ、主演の福田麻由子(11)が出席した。「女王の教室」「白夜行」など話題ドラマで好演が続き、注目される子役。