内田有紀が仕事復帰、離婚が転機にという記事より。

女優業は02年9月放送のフジテレビ「北の国から2002遺言」以来約4年ぶり。同ドラマで共演した吉岡秀隆(35)と同年末に結婚し、芸能活動を休止。昨年末に離婚したことで復帰することになった。

なんとなく内田有紀は結婚してもう芸能界には戻ってこない気がしていたので、女優復帰というのは不思議な感じがしますね。

2006年7月2日スタートのTBSドラマ「誰よりもママを愛す」の中で、主演する田村正和の長女役で復帰するということです。

「とにかく緊張していますが、見ていただく方が楽しめるよう、自分も楽しんで演じたい。同じ名前のこのキャラクターを愛してもらえるよう頑張りたい」と本人のコメント。

北の国から 2002 遺言

北の国から 2002 遺言

花より男子

花より男子

■関連記事

内田有紀3年10カ月ぶり女優復帰

本人の希望で主婦業に専念していたが、離婚後も仕事復帰の予定はなく、動向が注目されていた。しかし、関係者によると、最近になって有紀が「自分の居場所、自分に自信が持てる何かを見つけたい」と話し、所属事務所に女優復帰の決意を伝えたという。